アニメのアフレコに憧れる

By addminz. Filed in 未分類  |  
TOP del.icio.us digg

アニメのアフレコに憧れる

私は小さい頃からアニメが大好きで、家でずっと見ていました。

きっとみんな子供時代は好きだと思うのですが、私の場合は大人になった今でも変わらずに好きなんです。

小学生くらいまでは見ていても親に怒られていなかったと思いますが、だんだん成長して中学生になったくらいから叱られるようになりました。

夏休みなんかは朝起きてからずっとアニメ専用番組を見ていて、しょっちゅう怒られていたんですよね。

「あなた何歳になったと思ってるの?!」と母親から言われてしまいました。

友達と話していても私のように長時間見ている人がいなくて、驚いてしまったほどです。

高校生になって進路を考えたとき、アフレコをしたいと思うようになりました。

幸い、私の声質がアニメっぽくてよく男友達からバカにされていました。

せっかく働くのならば自分の好きアフレコをして稼ぎたいと思い、こちらの学校を調べて見つけました。

親を説得するのは大変でしたが、最終的には認めてくれたのでよかったです。

大好きなアニメのアフレコをしたい

高校を卒業してからは普通大学や専門学校、社会に出ると思うのですが私の場合はしばらく何もしていませんでした。

というのも、進路を考えた時に自分が将来何になりたいのか分からなかったんです。

親からも「無理に大学に行かなくていいのよ。学費がもったいないんだから。」と言われていて、私もその通りだと思いましたし結局進学することなく卒業してしまったんです。

アルバイトをしながら実家で生活をしていたのですが、真剣に将来を考えてみたんです。

そして辿り着いたのが大好きなアニメのアフレコです。

元々アニメを見るのが大好きで、ありとあらゆるものを見て来ました。

実家ではアニメ専用チャンネルを見る事ができたので、夜中でも見ていましたしDVDを借りてきて見たりもしていました。

するとだんだん声優に興味を持つようになってきたんですよね。

アフレコは難しそうだと思ったのですが、勉強して上手くできるようになりたいと思いこちらの学校のサイトを見てみました。

今はアフレコについて学ぶことが楽しくて仕方ありません。

アニメのアフレコを仕事にしたい

私には上に兄と姉が1人ずついて、2人とも高学歴なんです。

私も進学校に通っていましたが、アニメのアフレコを将来は仕事にしたいと思い続けてきたのでこの学校に通おうと思っていたんです。

親に打ち明けた時は止められてしまいましたし、言い争いにもなりましたがこれが私のやりたい仕事なのでなんとか理解してもらったんです。

これまで親に育ててもらい、行きたい学校にも行かせてもらったことですし、今この学校でアニメのアフレコについて勉強をしている最中です。

好きなことを学ぶというのはこんなにも楽しいことなのだと分かり、全く苦ではないんですよね。

知れば知る程奥が深く、ただしゃべっているだけでは当然だめなんです。

アニメは日本の文化として世界に誇れるものですし、決して子供だけが見るものではないんです。

大人でも楽しめるアニメは沢山ありますし、現実では不可能なことも可能になるのが魅力です。

私はここで勉強することができて今とても幸せで充実しています。

Comments are closed.