レーザスクライブによる実際の加工例

By addminz. Filed in 未分類  |  
TOP del.icio.us digg

レーザスクライブによる実際の加工例

これには、熱加工と非熱加工があり、目的別に使用される。

先ず、熱加工であるが、従来型アナログ式電気溶接機の作業をレーザスクライブに置き換えて考えると理解し易い。

目的は単なる「溶接」なのだ。

電気溶接機の場合は接合が主目的だったが、レーザスクライブでは切断も行う。

また、特出している点は金属のみならず樹脂にも適応できる利点がある。

金属以外の被工作物には、セラミックス、樹脂、シリコンや、これらの複合素材の加工も難なくやってのけるのが優れたところ。

この文明の利器レーザスクライブは、一口でいえば、どんな素材でも無制限に加工可能という、一昔前では考えられなかった優れものなのだ。

最先端技術として欠かせないレーザスクライブ加工業者だが、時代の花形として日本全国北海道から沖縄に至るまで、それぞれ得意の技法を備えた企業が目白押しだ。

現在では、技術立国日本の本領を発揮、クライアントから依頼された素材加工以外に、革新的なマシーン本体の研究製造にも余念がなく、開発技術力を生かして世界各国へ新機種の売り込みも盛んに行われている。

Comments are closed.