クライミングチョークによる肌荒れ

By addminz. Filed in 未分類  |  
TOP del.icio.us digg

クライミングチョークによる肌荒れ

女性の間でも大人気のスポーツ、ボルダリング。
ボルダリングでは、滑り止めにクライミングチョークというものを使用するのですが、そのチョークに含まれている成分が肌に合わず、アレルギー症状をおこしてしまう人がいます。
特に女性は、肌が敏感なので気をつけたいところですよね。
手が荒れてしまうと、どうしても傷みをかばって登るかたちになってしまうため、手首やひじ、肩などの関節を故障してしまう危険性が出てきます。
クライミングチョークは、炭酸マグネシウムをアルコールで溶かしているものが多いので、アルコールで荒れていしまう人が多いです。
皮膚には、乾燥しないための水分保持機能が元々、携わっているのですが、冬になると、冷えや乾燥が原因となり、その機能がうまく働かなくなってしまいます。
肌を荒れにくくするためには、亜鉛や鉄分など、血行を良くする成分を摂るように心がけることが大切です。
外的なケアは、はちみつなどの植物由来成分のクリームを使うことをおすすめします。

Comments are closed.