煙突は町のシンボル

By addminz. Filed in 未分類  |  
TOP del.icio.us digg

煙突は町のシンボル

あたなの住んでいる場所から、煙突が見えますか?少し前までは、銭湯の煙突が町のシンボルだったという方もいるかもしれません。
それらは近年になって次々と姿を消してきていますが、今でも工場や発電所、酒造場などでは、排気ガスを上空に排出させるために欠かせないものです。
煙突と言えば、高さですが、日本で一番高いものはどこにあり、高さはどれくらいなのでしょうか。
日本で一番高いものがある場所は、茨城県で、高さは231mだそうです。
世界で見ると、世界一はカザフスタンにあり、高さは491.7m。
それらの下に立つと圧巻でしょうね。
煙突は排出ガス濃度の速度や温度などから高さを決定するそうです。
人間にとって害のないように設計されているのですね。
現在も工場などには付きものですが、私たちの身近に存在するようになったのは、石炭が過程で使われはじめた16世紀くらいだそうです。
歴史は古いのですね。
昔から現在にかけて、人間が作り上げてきた産物だと言えます。

これからの煙突

今、煙突が見直されていることをご存知ですか?それは、薪ストーブ人気からくるものです。
薪ストーブは、気質バイオマスを使うため、燃料を使用しない暖房として環境面からとても注目を浴びています。
さらに、薪ストーブは非常に温かく、保温性に優れています。
直接、燃えている火が見えるので、見た目も温かいですよね。
その薪ストーブには、煙突が欠かせません。
それは燃えた煙を屋外に排出する事だけではなく、中の気流が薪ストーブの燃焼に関係するからだそうです。
形はできるだけシンプルなものが良いそうです。
昔と比べ、今は性能も優れていて、掃除やメンテナンスも簡単なものが増えています。
さらに性能も良く、安全性も向上しています。
設置するには、細かな規定があるようです。
煙突は、見かけなくなったとはいえ、私たちの生活にとって身近なものなのですね。
これからも、産業が発展することと、昔が見直されていることの両面から、煙突は存在し続けるのでしょう。

煙突に憧れて

煙突と言えば、子どもの頃に読んだサンタクロースのお話に出て来ると思った方も多いと思います。
クリスマスイブの夜になると、「我が家にはない」と不安になったことを思い出します。
私たちにとって、何だか懐かしい感じのするものでもあり、憧れの存在でもありました。
煙突に魅了され、風景と一緒に写真に撮ることを趣味にされている方もいます。
それらを見ると、私たちの生活にとても馴染んでいて、共存しているのだなという感覚になります。
その設計や工事、メンテナンスには、厳しい規定があります。
そもそも煙突は、排気ガスを上空に逃がすものでありますが、同時に、それ自体に高さがあるので、強風や天災等に負けてしまってはなりません。
常に安全性を保っている必要性があります。
それを怠っていると、大事故に繋がります。
汚れた煙突は故障のもと
よって、煙突の存在はとても価値があり、奥深いものだと思います。
知れば知るほど、昔から、私たちの生活を支えてきたことに敬意を払いたくなりますね。

Comments are closed.