荷捌き場テントのテント生地の張り替え

By addminz. Filed in 未分類  |  
TOP del.icio.us digg

荷捌き場テントのテント生地の張り替え

テント倉庫前に、資材や商品の搬入の際に雨や風の影響を受けないように、荷捌き場テントを設置するケースは多くあります。
テント倉庫と合体して作られるものもあり、ニーズが高くあります。
荷捌き場テントは、テント倉庫と同様に上部にテント生地を貼り、雨や風の被害から商品や資材などを守ります。
テント生地は、防炎や防水加工されており、10年程度はもつと言われています。
海沿いなど、風や潮、雨の影響を受ける機会が多い場所の場合、通常の耐用年数よりも早く劣化する場合があります。
雨漏りがしてきたり、生地の表面がぱりぱりしてひび割れたりしてきた場合は、倉庫内や荷捌き場テントの内部も雨などが入りこみ、商品や資材が濡れてしまう被害がでます。
中の鉄骨が錆びてしまうと鉄骨の交換もする必要があるので、鉄骨が錆びる前にテント生地の張り替えをする必要があります。
張替は、大きさにもよりますが採寸から作業を入れて一か月程度かかる場合もあります。
早目に気づいて手入れをすることで、長く使用することができます。
日々、使用している荷捌き場テントやテント倉庫の生地の状態を見ることは大切な作業です。

Comments are closed.