0から作った先発薬品は後年安いジェネリック医薬品となる

By addminz. Filed in 未分類  |  
TOP del.icio.us digg

0から作った先発薬品は後年安いジェネリック医薬品となる

近年、急増膨張しつつある日本の医療費を抑える目的で、政府主導による非常に安い値段の「ジェネリック医薬品」の登場と普及が話題になっています。
私たちが日常生活で服用する医薬品は、「先発薬品」と「後発薬品」の二つに大別されます。
先発薬品は、いわゆる「新薬」と呼ばれ、何もないまさに「ゼロ」の状態から、様々な資料やデータを元にして有効成分を発見し研究する段階から開発を始めるため、実に約300億円以上と20年近くにもなる膨大な費用と年月が掛かります。
この事から先発薬品を開発した企業には、原則20年にわたる「特許期間」が与えられ、この特許期間終了までは、他の企業は同じ成分を使用しての薬品を作る事が出来なくなります。
しかし特許期間が終了すると、他の企業は同じ成分を使用しての薬品を製造販売する事が出来るようになります。
このようにして製造された医薬品が「後発薬品」または「ジェネリック医薬品」として、購入頻度の多い安い額で世に出ているのです。

安価で入手出来る安いジェネリック医薬品で薬を飲みやすく

研究、開発、製作に莫大な費用と年月を要し特許が与えられた新薬。
その特許期間が終了すると、新薬の成分を活用しての「ジェネリック医薬品」が各企業で製造され、安い価格での販売競争が起きています。
ジェネリック医薬品は、製作開発に掛かる費用や年月が新薬よりも短く安く抑えられ、同時に販売価格も安くなります。
そして、患者さんが飲む時に苦労するような大きな錠剤を小さくしたり、苦味を嫌がる人のためにコーティングを施したりして、苦味を少なくする配慮も行われており、従来に比べると薬がぐんと飲みやすくなったと言えるでしょう。
医薬品が安いのは危険?安全?
ジェネリック医薬品を処方してもらうには、通院している医療機関の医師や薬剤師に、持参している保険証や診察券、お薬手帳などに貼った、処方を希望する旨のシールや、最近、地方自治体や健保組合から配布されるようになった「お願いカード」などを提示して相談の上で許可を頂きましょう。
安い価格で入手出来るジェネリック医薬品の登場は、どちらかと言うとこれまで飲みにくかった薬が、飲みやすく身近な存在になるはずです。

Comments are closed.