1920年代に発明され普及したアンテナ工事は東京を拠点に開始

By addminz. Filed in 未分類  |  
TOP del.icio.us digg

1920年代に発明され普及したアンテナ工事は東京を拠点に開始

テレビやラジオの視聴に欠かせないアンテナは大学の工学部で行われていた電気工学の実験中偶然の発見が発端で発明され、実用化されてからは東京を拠点に全国にアンテナ工事され普及していきました。
実験の最中に電流計の針の振れ方が通常とは大きく違っていたことから原因を探してみると、実験をしていた場所付近にあった金属製の棒が関係していることが分かりました。
それを基に原理の発見や研究が進み1920年代には特許権を取得し商品化され、東京から全国へとアンテナ工事によって広く利用されるようになりました。
今からアンテナ工事をやるには、東京のどこがいいの?
日本人によって開発されたテレビアンテナは画期的であったものの有用性が低くその後テレビの普及に伴いアンテナ工事の件数も増加していくと、東京を中心に多くの家庭で需要が増えるとさらに研究や実験が重ねられテレビ映りが良く他の電波を遮断することができるなどの改良も進みました。
そのような初期のアンテナ本体やアンテナ工事に関する資料などは、東京にある放送関連の展示をしている博物館で見ることができます。

Comments are closed.